Home > 代表挨拶

知的財産権の重要性が叫ばれる今日では、
新しい判例の確立、知的財産基本法の成立、知財訴訟システムの抜本的改革といったように、
昨日の常識が今日は通用しないという大変革期を迎えております。

当事務所では、“若さ”と“タフな精神”を武器にして、今までの慣習に捉われることなく、
既成観念に固着することのない事務所作りを目指していきたいと考えております。

もちろん、依頼者の皆様の立場にたって考えることを基調としておりますが、
依頼者の皆様に満足して頂けるような個々の事案に応じた適切な対応ができるものと自負しております。